まだFacebookで消耗してるの?ってポスターを見た。(disりblogではありません)

f:id:shimakoo1:20170624155010j:plain

(冒頭に断っておきますが、特定の事業者や、特定のSNSプラットフォームを批判するわけでもなく、一個人の感想・思想です。)

 

 

たまたま訪れた施設で見かけたポスター。

もうない。

Facebook

*ページはあるようでした。

https://www.facebook.com/lumine.jp/  (現時点 11,645 いいね)

 

ポスターで訴求しているInsta (1,754) と TW (15,142)。

www.instagram.com

twitter.com

 

明らかにFBとの運用コンテンツクオリティの差がありますね。(担当部署が違うのかな?)

 

とはいいつつ、エンゲージは、どのメディアも全般的に伸び悩み?これは、この商業施設に限ったことでなく、流通小売業全般に言えるコトですけど。

 

#たぶん顧客コミュニケーションは、現場のほうが上手い。これもどこも一緒かと。

wear.jp

 

#こんなこと、いまだから書ける。

 

#ルミネ社にも、Facebook社にも友人がおりますが、それも承知のうえで一個人としてのコメントです。

 

#そうそう、これ、pdfではなく、htmlで作った方が、いいコンテンツですよ。

http://www.lumine.ne.jp/pdf/tenkai_sp.pdf

(内容は僕のようなおっさんには響きませんが(汗))

 

 

#今回「LINE」は抜き。

 

 

以下、memoリンク。

 

いまのSNSは、「アーンドメディア」でもあるんだけど、「ペイドメディア」であることも意識していかないと、情報、届きませんよ。SNSアカウントを持っただけでは拡散もリーチもしない。そもそも意図して拡散なんてできると思わない方がいいし。

ソーシャルのチカラを味方につけるなら、こちら。

ramenandicon.hatenablog.com

 

メディア接触の定点調査といえば。

www.hakuhodody-media.co.jp

 

大学生って?

top.tsite.jp

 

DAU、MAUを意識しよう。

gaiax-socialmedialab.jp

 

ちょっと古いけど。

backyard.imjp.co.jp

 

最新情報はこちらから。

kakeru.me

 

 

コミュニティマーケティングについて考える #CMC_Meetup 参加してきました。

f:id:shimakoo1:20170623193354j:plain

この界隈では、その名を知らない人はいない、小島(おじま) 英揮さん。

 

ascii.jp

 

数年前から、僕も小島さんのことは一方的に存じあげていて、FBでの「共通の友だち」は124名もいたので、出会っていなかったことのほうが不思議なくらいだったんですが、先月くらいに、ようやく初めてお会い出来て、今回、CMCのMeetupにも初聴講させていただきました。

 

なんで、ここで出会っていなかったのか?的な場は多数あったのですが、なかでも、小島さんが、去年の8月末、AWSを辞める発表をした去年の「BackStage」は、僕も同日、同じステージに登壇をしていた日でしたw

同じ日、同じ空間にいたのに、出会っておらずw

backstage.tours

*今年のBackStageは、小島さんは、アドバイザリーとして、参画されるようです。

 

で、今回のMeetupはこちら。

eventregist.com

 

最近の就業時間後の外部セミナー/meetup聴講は、マーケティング全般や、デジタルマーケティングなど、総論めいたものが多かったんですが、このmeetupは、「コミュニティマーケティング」に特化したモノ、かつ、特定のベンダー・サプライヤー・パートナー・サポート企業主催のモノでもないので、「営業色」が一切ない。

 

* 今回の会場は、サイボウズさんだったので、それに絡むLTはちょっとありましたが、僕にとっては、「サイボウズ」って使ったことなかったので、学びになりました。*

 

CMCって?

今回のmeetupの、CMCって?デジマな3文字略語でもなく、


Community Marketing Community

 

のこと。

 

僕は、小島さんの生のセッションを聴講するのが初めてだったのですが、「すーっと、そして、じわじわと」脳内に入ってくるカンジでした。(過去、記事では数多拝見していたからかも、ですが。)

あ、でも、ある程度、マーケティングの「前提」を理解していないと、この「あうん」感は、カンジられないかも。

 

それは、アジャイルメディアネットワーク徳力さん、トライバルメディアハウス池田さん、ツナグ佐藤尚之さんのような方々の

・書籍を読んだことがある

・セミナーに参加したことがある

などの経験があるか、ないか。

 

おすすめ本

 徳力さんの。

simako.hatenablog.com

 池田さんの。

次世代共創マーケティング

次世代共創マーケティング

 

 

 さとなおさんの。

 

この「下地の経験値」次第で、小島さんの話が、すっと入ってくるか、こないか、が別れると思います。

 

僕は、いまでも、トライバル池田さんの、この「図」が好きです。

www.ikedanoriyuki.jp

自分の施策(コミュニケーション)が、どこに寄与しているのか、を、チームで共有化する時の「地図」となる。

この地図って、かなり汎用性があると思っていて、業種業界が変わっても、使えるものだと思っています。(対象となる商品・サービス自体によって、その施策の不必要の検討もできる)

 

#ただもう2年前の図なのでそろそろupdate希望w

 

この俯瞰図でみても、パレートの法則的に、「右のファネル」は、重要視すべき、なんですけど、どの企業もデータ分析が好きなので、わかっているんですけど、なかなか、組織として、資源を集中して継続的に取り組めていない。

 

そんなことの重要性を再確認させてくれるのが、今日のCMC_Meetupでした。

スライドをばばばばばば、っと添付。

そして、リアルタイム実況はTwitterのタグ #CMC_Meetup にて。

twitter.com

f:id:shimakoo1:20170623193941j:plain

com2.io

 

f:id:shimakoo1:20170623193831j:plain

f:id:shimakoo1:20170623193807j:plain

f:id:shimakoo1:20170623193750j:plain

f:id:shimakoo1:20170623193728j:plain

f:id:shimakoo1:20170623193626j:plain

f:id:shimakoo1:20170623193613j:plain

f:id:shimakoo1:20170623193526j:plain

f:id:shimakoo1:20170623193124j:plain

 

今日のMeetupは、小島さん信者(!?)が多く、SIer、SE系な方が多く、僕も懇親会では、初めてお会いする方が多かったです。

 

そして異業種の方が集まる方が多いからこそ、「コミュニティ」という同一語句でも、事業者や立場、経験値によって、想起する概念が変わってくるのが、このMeetupの面白いところでもあり、難しいところでもある、と感じました。

 

B2B、B2C、B2B2Cなどの、事業体構成、そして、顧客LTVの考え方も、KBFも、DMUも変わってくる。

 

投資的systemと、日常のコモデティ商材では、プロセス、違いますよね。

(システムとビールの共通点、といえば、「サーバー」くらい、なーんて。あの方の受け売り。)

 

次回以降もこのmeetup、継続的に参加しようと思います。

 

そう、この現状を打破するために。

f:id:shimakoo1:20170623212745j:plain

(懇親会のBeerを一番搾りとするためのボーリングのピンは、やっぱり、小島さんなんでしょうか。いや、実は別のピンが...?!)

 

それと、毎回、僕、この手の懇親会への参加が下手で、「ピザ」へのアプローチができていない。

 

懇親会ビールの銘柄変更と、ピザを2枚は食べることを当面の目標として、日々励もうと思います。(なんか主旨変わってきた?)

 

(追記)いまいま、スライド資料がupされました。(小島さん、すげぇ)

www.slideshare.net

 

ってか、サイボウズさんのオフィス、初めて行ったんですけど、「やばいくらいイケテる」オフィスでした。

f:id:shimakoo1:20170623192917j:plain

 

キリンも いっぱい いました。(キリン違い)

 

 

雑誌"宣伝会議"が、"宣伝"の領域を超えていた。今月号の特集はFinTech。先月はビッグデータとIoT。

宣伝/広告の業務に従事する方なら、一度は目にしたことがると思われる、雑誌「宣伝会議」。

最近、この雑誌の特集が、もはや、宣伝・広告・販促の領域を超えている。

f:id:shimakoo1:20170618224338j:plain

今月号の特集は、「FinTech」。

【特集】
FinTechの浸透で変わるマーケティング戦略

  • 金融の専門家でなくとも知っておきたい
    マーケターのための「FinTech 入門」
    インフキュリオン・グループ 丸山弘毅氏
  • 「キャッシュレス化」が進むと消費者の意識や行動はどう変わる?
    マネーフォワード 秋山芳生氏
  • 「決済」手段の変化とマーケティングの可能性
    ―データから見える、消費者の行動と意識 
    みずほフィナンシャルグループ みずほ銀行 辻和幸氏/谷 彰彦氏
  • 個人店でも始められるFinTech 
    広がる多彩な決済手段、売上の管理・分析まで 
    ユビレジ 木戸啓太氏
  • 10代女子のお金の価値観とは?
    「堅実」「多彩な決済手段」「ポイント」が鍵 
    GMOメディア 鈴木まりの氏
  • 小売業にどのような変化をもたらすのか?
    「シームレスな顧客体験」が実現する未来 
    オイシックス 奥谷孝司氏

 この特集が、コンパクトだけど、要点がよくまとまっていたのでシェア。

様々な事業者による寄稿で成り立っている特集なんですけど、このバランスが良くて。

www.sendenkaigi.com

 たぶん、まだ店頭にあるので、ぜひお手にとってみてください。

一部記事はオンラインでも読めます。

mag.sendenkaigi.com

 

以下、個人の勝手な想像なんですけど、この雑誌を購読されるような方々って、大手メーカーの宣伝担当や、広告代理店やメディアの方々かなーって。

 そういう方々って、おそらく「流通の現場で、何がおこなれているか。」を知らない、というか、1日に対峙するトランザクションが少ない。

 「1個人の立場」としては、「朝スタバでコーヒー買って、お昼ごはんたべて、コンビニよって、居酒屋行って」くらいの、1日に対する「決済」のタイミングって、4回?とか。(公共交通機関で電子マネー、とかもあるか。)

これが、「流通小売の現場」からすると、何百、何千、何万、という決済と日々、向き合っている。

 コンビニとか、流通小売の経験がある方なら、日々当たり前に目にする「ジャーナル」と呼ばれる「お客様にお渡しするレシート」と対になる「記録紙」や「クレジット伝票の控え」。

 いまでこそ、店舗によっては、電子化され、その保管や整理が簡略化されてきているけど、ちょっと数年前までは、この「紙」をめぐって、多大な労力がかかっていた。

 この経験が自身にあるか、ないか、で、「決済周り」への興味関心、改善手法のアプローチが変わってくるのかなーって。

 

 コンビニやスーパーでの「レジ待ち列」の要素を分解していくと?

 →朝、昼、などの一定時間に客が集中するから?

 →レジの機能・精度や、スタッフのスキルを上げればいい!

 ではなく、

 →そもそも「レジ」があるから。レジなくせばいいじゃん。

 (AmazonGOは、レジない。)

 って、思考回路にたどり着くか、つかないか。

 

こんなアプローチが当たり前になっていくと、いろんなことが変わっていくんだろうなぁ。

 *駐車場の精算機も、ETCともっと連動していいと思うし。(ETCというデバイスに依存しなくても、ナンバープレートと決済も結びつくだろうけど、他人が乗っている場合、などの条件もあるか。)

 

このへんは、もう「宣伝・広告」の域を超えている。

 

企業の部門体制、人員体制も、従来の「宣伝部」「宣伝費」という機能は、そろそろ再考のタイミング?

(個人の見解です。)

オンライン(WEB/SNS)とリアル(店舗)に関わる方が、今夏注目すべきなのはシェアされる「**」。

シゴト帰りにビーチに行ってきました。

*「あいのり」や「テラスハウス」の一コマではありません。

f:id:shimakoo1:20170615221155j:plain

これは江ノ島でも湘南でもなく、新宿です。

 友だちから「ビアガーデンいこ!」ということで、せっかくなら「非日常感あふれる」場所へ、ということで、新宿ルミネエスト屋上のビアガーデンへ行ってきました。

 「商業施設屋上のビアガーデン」には、シゴト柄、何回も行ったことがあるのですが、ここの場所は、いままでの空間とは一線を画す店舗でした。

 ここの店舗には、2017年最先端のSNSマーケティングのノウハウが詰め込まれていました。

 そして、そのキーワードは「**」です。(帰結は最後に。)

 

Customer Journey 的には

0.友だちからの誘い

  → 参加メンバー募集+調整さん

1.検索(1)

 集合場所は、メンバーが集まりやすい新宿なので本来であれば、「新宿 ビアガーデン」というワードなんでしょうけど、僕の場合、「そういえば、ルミネでビアガーデンやっってたな」というSNSフィードの記憶があり、「新宿 ルミネ ビアガーデン」という、予め絞込検索。

www.fashion-press.net

ここで、その店舗名・運営が「TOKYO SKY RESORT WILD BEACH SHINJUKU」ということを知る。

2.検索(2)

 「TOKYO SKY RESORT WILD BEACH SHINJUKU」を再検索。

wildbeach.jp

3.予約

上記オウンドメディアから、reservationが可能。
*厳密にいうと、(予約サイトとして有名な)「TabkeCheck」へ飛ぶ。

www.tablecheck.com

(余談ですが、この店舗、キャンセル規約がけっこう厳しめ。土地柄、ドタキャンが多いのかな。あと現実的にキャンセル料の徴収する仕組みがわからなかったので、「冷やかし予約防止」なんでしょうか。)

【キャンセル】 
・キャンセル・人数減少の場合には 
1週間前〜前々日は、料金の50% 
前日〜当日は、料金の100% 
のキャンセル料のお支払いをお願い致します。 

4.当日

コース予約でしたので、予め案内されたテーブルにセットが準備されていました。

 

タイトルにつけた「**」の正解はこちら。

f:id:shimakoo1:20170617225937j:plain

 

「かべ」です。

 

↑は、あまり被写体がよくない事例ですが、お手本はこちら。

Instagramで #ワイルドビーチ新宿 と検索結果を表示させたもの)

www.instagram.com

 

ほとんどの写真に共通するのは「かべ」なんです。

前に立つと、羽が生えているような。

この壁は一枚だけでなく、店内のフォトジェニックゾーンに複数点在していました。

ここに訪れていたお客様は、「ビアガーデン」「バーベキュー」「グランピング」というワードに惹かれつつも、上述したエッセンスは、プロセスであり、最終的な欲求・ゴール・purposeは「この壁を背景に写真とり、SNSにシェアすること」であることを目の前で理解しました。

SNSにシェアすることで、その場で「おまけグッズ」がもらえたり、次回のクーポンがもらえるなんて、インセンティブは、なにもない。

*まして、公式サイトにも、「FBにいいね!」なんてなんて、文言は1つもなく、コミュニケーションはインスタのみ。

 

ビアガーデン・バーベキューというイベントは、ビールを飲む、肉を食べる、という直球の意味は希薄化し、「写真の取れ高を確保するための時間消費の場」と考えると、お店づくりも、商品構成も変わってくることでしょう。

 

まさしく、顧客時間の作り方=マーケティング

 

f:id:shimakoo1:20170615220901j:plain

Spherical Image | RICOH THETA

 

こちらのヒントは、先日、H.I.S.の「#タビジョ」オフラインミートアップを聴講参加したときにも、お客様の声で「海外旅行の成否は、その1回の旅程で、多くの"フォトジェニックなカベ"のが撮れたか否か、にある、と。

*僕は行ったことないのですが、ハワイにも「天使のはねで有名なカベがあるそうです。

 

 

SNSや実店舗のお仕事に関わる方は、ぜひ、今夏、このお店、一度は訪れてみてください。

ネットの記事やセミナーではわからないファクトが見つかりますよ。

 

*ちなみに訪れた店舗の95%は女性客、残りの5%は「イマドキな意見交換会」的に集った男女でした。

*僕はあの店舗で、あの時間の最年長者だった自信がある。

*もっとおすすめの「カベのある店」情報&お誘い、お待ちしております。

 

f:id:shimakoo1:20170617225943j:plain

そうそう。ブランコもあった。

 

最後はPRネタ。今回、一緒に行った方。

www.trans-cosmos.co.jp

もともと、オムニチャネル系コンサル「Leonis & Co.」の代表、伊藤くんがトラコス社内で起業。人材募集中とのこと。

www.wantedly.com

www.wantedly.com

*久しぶりにお会いし、彼のビジョンを生で聞けて、なるほどな、って思った。

やっぱいい企業だなぁ。

それと、フィクサー(?)は、この方。

www.wantedly.com

彼は、ほんとに頭の回転が早い。市場理解や、半歩先のリアルの顧客体験が可視化されているので、それと会社の持つ、テクノロジーが掛け算されているので、強いんだろうな。

 

で、別の会社だけど、こちらも、スタッフ熱烈募集中らしい。

上の写真で、パンを切っていた方。(もともとパン屋さん。)

www.wantedly.com

www.wantedly.com

*伊藤くんと河野くんの playgroundのサイトを作っている会社さん。

 

商業施設(小売)やデジタルの経験があるなら、きっと活躍できる企業さんです。

 

あとのメンバーは紙面の都合で省略。

 

ということで

*もっとおすすめの「カベのある店」情報&お誘い、お待ちしております。(再掲)

素人アカウントにおける RT と ❤︎ と フォロワー 相関

本日、こちらの投稿が、 シャープ公式さんや、セガ公式さんにRTされ、伸びました。

f:id:shimakoo1:20170614235427j:image

 

 

 

そのインサイトを公開。

 

f:id:shimakoo1:20170614235556p:image

RTや❤︎されても、フォロワーは、増えません。

このへんは、個人の体験としてもそうかなー。

バズったツイートをみても、そのアカウントをフォローしよう、とまではならない。

まさにそれ。

今回のは、バズった、までは、いかないけど、ただの素人アカウント的には伸びたほう。

リンクしていたblogPVはこちら。

f:id:shimakoo1:20170614235751p:image

そのへんの一般的な流通小売アカウントや、放置系企業アカウント、雨後のタケノコ系(?)キュレーションメディアよりも、リーチ/エンゲージしてるかも?

 

氏くんのように、もっと実力つけないとなぁ。

 

こちらのブログは、ソーシャル・WEBメディアの現場で働く方は、必読です。

ramenandicon.hatenablog.com 

またまたマーケティングの神本と出会う。 企業SNS担当者 = #中の人 必読の良書!

ライトな読み物かと思って読んでみたら、ぜんぜんそんなことない、企業のデジタルマーケティングの最先端のノウハウが詰まった書籍でした。

それは、こちら。

f:id:shimakoo1:20170614013255j:plain

 

シャープさんとタニタくん@ (クロフネコミックス)

シャープさんとタニタくん@ (クロフネコミックス)

 

 僕が読み終えたのは、↑の1巻目。

*続編の2冊目は、「RT」ってタイトルw

シャープさんとタニタくんRT (クロフネコミックス)

シャープさんとタニタくんRT (クロフネコミックス)

 

 

こちら、ただのpixiv的二次元創作だと思うことなかれ。

 

現代における「企業と顧客コミュニケーションの極み」を包み隠さず、記載してあるのが、この本である。

って、壮大なフリをしてみましたが、実際の内容・構成は、主に4コママンガで、SNS(特にTwitter)を日頃から、アクティブに使っている人であれば、「あるあるネタ」として、おもしろおかしく読める娯楽作品です。

 

裏を返すと、ここまで、企業「中の人」のシゴトをリアルに(いや空想?妄想?)書き記したマーケティング書籍は、存在しません。

SNSマーケティング」という言葉が、流行り始めた当初、大手出版社や、ネット系コンサルマーケ系の読み物など、百花繚乱でした。

2013年当時、僕もこの畑の職務の実務についてからは、本当に多くの書籍を元に、学んだし、多くのセミナーにも参加したし、多くの「中の人」にも会いに行きました。

 

前職では、あのキャラの「中の人」以前にも、地方都市商業施設の「中の人」として、アカウント立ち上げから運用まで行っていました。(厳密には裏サポート的に。)

 。。。 2010年、、って、7年前...。

*しかも、「テストツイート」とかって、書いてるし。ウケる。黒歴史

 

気がついたら、実はそんな昔から、この畑のシゴトをしていたのね。。

当時は、広告代理店さんや、コンサルティング企業さんなどのツテもなく、文字通り

、TWで出会った方々とのコミュニケーションを、教科書もなく、実践で行っていました。

そのあと、別の店舗でも、立ち上げ・運用やってた。

 

ちなみに、アカウントの初tweetを調べられるのはこちらから。

discover.twitter.com

 

僕のデジタルのキャリアって、2013年から、って言い張ってたけど、こうみたら、2010年からやってたんだなぁ。ちょっとサバ読んでた。すいません。

とはいえ、当時は専任ではなく、様々な業務のうちの1つで。(当時は、ガチで不動産シゴト=P/Lや図面なシゴトがメインでしたんで。)

 

話がそれました。

 

冒頭の書籍。

 

こちら、僕が過去数年、様々なセミナーや書籍から学んできたことが、一冊に凝縮されています。

いま、TWだけでなく、InstagramFacebook、LINEなど、企業SNSアカウントを運用するミッションを背負っている「中の人」は、こちらの本、ぜひ手にとってみてください。

 

きっと勇気づけられるはずです。

 

分厚いマーケティングSNS教則本は、「机上な」お話が多い。(そうでない場合もあります)

 

こちらの書籍にかかれていることは、フィクションだけど、リアル

 

余談ですが、両企業とも、シゴト柄、実際に「中の人」とお会いした経験があるのですが、漫画のキャラと実際の人物は、以下 (ry 

 

 

そんなワケで、

何事もない日常を100とすると、

こちらのアカウントをフォローしていると、

そんな日常が 100.6 くらいに上向き傾向で楽しくなりますので、ぜひ。

(微妙に日常が楽しくなる、ってこと。)

 

twitter.com

twitter.com

 

...ついでに、こちらもフォローよろしくです。。。(照)

twitter.com

twitter.com

 

今年は、「気軽に読んだら、神書だった」ケースが続いています。

 氏くんのあたりまえポエム

twitter.com

あたりまえポエム 君の前で息を止めると呼吸ができなくなってしまうよ

あたりまえポエム 君の前で息を止めると呼吸ができなくなってしまうよ

 

りょかちの自撮り本 

twitter.com

インカメ越しのネット世界 (幻冬舎plus+)

インカメ越しのネット世界 (幻冬舎plus+)

 

 

次の神本に出会えるのを楽しみにしていますー。

#りょかち と #ちょゆき ...似ている...!

予告通り、りょかちさんの出版記念トークセッションに参加してきました。

定刻ギリギリ到着だったので、最前例で聴講。

bookandbeer.com

(内容は、今後、どっかのサイトでlogとしてupされるらしいのでそちらをご参考に。)

 

編集者 設楽さんのプロのモデレートにより、今回出版された書籍の背景をより深く知る機会となりました。(出版にあたっての背景とか面白かった。)

 

また、今回、B&Bに初めて行きました。

bookandbeer.com

想像していたより、こじんまりした会場でしたが(失礼)、程度にワイワイできる空間として、最適なんだろうな、と。

 

なにより 「B&B」の略称は、「Book  & Beer 」だということ。

このショップのコンセプトは↑のサイト「About」から、ご覧ください。

(ちなみにウチのBeerではないです。また、一緒に行ったコは、ワイン飲んでましたw)

 

 

セッションの山場は、「自撮らー」による、「自撮り」講座。

f:id:shimakoo1:20170606012847j:plain

そして、レアだったのは、「自撮り女子」を「他撮る」場があったこと。

 

また、ふとしたことなのですが、「自撮り女子」と「そうでない女子」の差は、気がつかないところで、顕在化する、ということ。

今日のセッション後半は、元CAの漫画家矢島光さんとのセッションだったのですが、(↑の写真右)その方は、「自撮り慣れてない」ので、スマホで「撮る」ときの「アプリ」は、スマホデフォルトの「カメラ」であった、ということ。

 

#矢島さんが女子力がない、という意味ではなく、いわゆるイマドキに言うと「クラスタ」の違い、です。

 

マーケティング的にいうと、生活者にとって「カメラ」での「純粋想起」枠で、何を選ぶか、選ばれているか。(お酒飲む、ジュースを飲む、ファッションを買おう、で想起する時の、「**」になること)

 

 僕は自他共に認めるおっさん世代なので、基本的には、純正カメラ以外の選択肢は選びえないのですが、最近はその純粋想起を無理やり、snowやB612やLOOKSやCamera360をにしようと、努力しているけど、やっぱりUIで慣れないのは、デフォルトで「インカメ」が立ち上がるアプリ(苦笑)(「自撮り女子」なら驚くべき仕様ではないんでしょうけどね。)

 

今回のセッションが、すっきり感があったのは、モデレータの設楽さんが同世代だった、ということが大きかったかも。(同世代でかつ、広く、深い知見がある方だったから)

 

そんなトークセッションに参加できなかった方、今週はもう1回りょかちに会えるチャンスがありますよ。

www.gentosha.jp

8日(木)に、貸し切りBARをopenするそうですよ。(僕は、調整中。)

 

今回のセッション、2部構成の後半は矢島さんもjoin。

yajimahikaru.strikingly.com

業界の方には

こちらのほうが、有名かも。

彼女のいる彼氏 1 (BUNCH COMICS)

彼女のいる彼氏 1 (BUNCH COMICS)

 

当初、新潮社「ROLA」という、ウェブメディアで連載されていましたが、オトナの事情で、現在は、そのメディアは存在しませんが、comicoでの連載や、Kindle購入できます。

#僕もあの会社やWEB業界のことを知りたいので読んでみようかと。

 

と、いうことで、今日の学びを下北沢の沖縄居酒屋で振り返り、かえってきて

f:id:shimakoo1:20170605223453j:plain

retty.me

いま、AppleのWWDC2017を生放送で見ていて、眠いなう。

www.apple.com

 

で、ブログのタイトルの意味は対してありませんが、

あの方からレスもらっったので、一応、タイトルに入れておきました。

内容のsyncは一切ありません。

 

choyuki.hatenablog.com

*なぜか、小生が、zoeさんなみに、偉人っぽくなってますが、なんども言いますが、ただのサラリーマンですw

 

って、このやりとりを続ければ、ブログネタには困らない気がしてきた。

 

眠い。

iMac Pro、でるってよ。